社会福祉法人 川登福祉会 川登保育園のホームページへようこそ!!

 

絵本百選  B群

   
2011年 2月 17日現在  91冊 を紹介。

「絵本百選 A群」に続く B群 100冊の紹介です。B群にも 面白い絵本が いっぱいあります。

「 絵本百選 A群 」は、すべて ☆☆☆☆☆印 ( 5個) で、「特別におすすめの」「極上の」絵本です。

「 絵本百選 B群 」 (☆印 4個以下) と 「 絵本百選 A群 」を比較参照してみて下さい。
   
あおい玉 あかい玉 しろい玉
童話館出版 

再話/ 稲田 和子   絵/ 太田 大八    4歳から   ☆☆☆☆


「三枚のおふだ」と同様の話です。宝の玉三つが使われます。
 
赤牛モウサー
沖縄の絵本     岩崎書店

作・絵/ 儀間 比呂志       5歳から     ☆☆☆☆


貧乏な若者 マチヤーは、老人から言葉をもらい、赤牛モウサーと出会います。そして、ごうつくばりな金持ちに、闘牛の戦いを申し込みます。
 
あかずきん
グリムの昔話     学研

文/ 植田 敏郎   画/ 武部 本一郎   4歳から  ☆☆☆☆


武部 本一郎氏の絵に触れてほしくて ここに掲げましたが、この絵本の前に絵のない『グリムの昔話 2 』(福音館書店)「赤ずきん」をぜひ読み聞かせして下さい。
 
あくまの およめさん
ネパールの民話     福音館書店

再話/ 稲村 哲也 、結城 史隆    画/ イシュワリ・カルマチャリャ

5歳から   ☆☆☆☆


ラージャンが猿を大切に育てたおかげで、悪魔もいなくなり、金持ちにもなれました。
 
あばれざるジニー
シートン動物記    チャイルド本社

原作/ シートン  文/ 小林 清之介   画/ 小林 与志

5歳から   ☆☆☆☆


暴れ猿ジニーに 飼育係長ボナミーは愛情豊かに接したので、とても落ち着いた猿になったのですが、・・・・・・。
 
アンナの 赤いオーバー
評論社      5歳から   ☆☆☆☆

文/ ハリエット・ジィーフェルト   画/ アニタ・ローベル


いろんな人の手作業を通して、アンナの赤いオーバーはできました。
 
石の ししの ものがたり
チベットの民話より   福音館書店

再話/ 大塚 勇三   画/ 秋野 亥左牟   5歳から  ☆☆☆☆


心の清らかな弟に 石の獅子は金貨を与えたが、心の良くない兄にはその腕を噛みつくだけだった。  秋野 亥左牟氏の絵が 素敵。 
 
うさぎの みみは なぜ ながい
テウアンテペツクの昔話   福音館書店

文・絵/ 北川  民次       5歳から   ☆☆☆☆


メキシコの話です。ウサギは、昔話では しばしば、狡猾な したたかな動物として登場しています。
 
うしになった はなよめ
沖縄の昔話    ひかりのくに

文/ 川村 たかし   画/ 田木 宗太  5歳から   ☆☆☆☆


「三年寝太郎」とは大きく違う展開で、面白い。
 
うみに しずんだ あくま
フレーベル館

文/ 西本 鶏介    画/ 太田 大八     4歳から   ☆☆☆☆


悪魔は狡猾だけど、人間の狡猾さには負けます。
 
えすがたよめさま
日本の昔話    ほるぷ出版             

文/ 木島 泉   絵/ 石倉 欣二   4歳から   ☆☆☆☆


「絵姿女房」の話にはいくつかの形がありますが、これが おすすめ。

益田市立図書館にあります。
 
エンソくん きしゃにのる
福音館書店

作・画/ スズキ コージ       4歳から     ☆☆☆☆


初めて一人で汽車に乗るエンソくんの様子を、スズキコージ氏独特の色使いで描いてあります。
 
おうさまと しか
ジャータカ絵本全集 5     すずき出版

文/ 橋尾 信子   画/ 小松 修       5歳から   ☆☆☆☆


鹿の肉が大好きだった王さまが、鹿の凛としたありように、改悛させられる。
 
おおぐいひょうたん
西アフリカの昔話     福音館書店     

再話/ 吉沢 葉子   絵/ 斎藤 隆夫   4歳から  ☆☆☆☆


斎藤隆夫氏の絵が生きている。

益田市立図書館にあります。
 
 
おにの子 こづな
日本の昔話     岩崎書店

再話/ 松居 直  画/ 安藤 徳香    5歳から   ☆☆☆☆


安藤 徳香さんの絵が、芸術的 !!
 
おむすびころりん
日本の昔話       チャイルド本社  

文/ 香山 美子   絵/ 小林 与志   4歳から   ☆☆☆☆  


小林与志氏の絵による絵本は、素晴らしい作品が多い。
 
おやゆびたろう
くもん出版   子どもとよむ日本の昔ばなし 22

再話/ おざわとしお・たかはしやすこ 画/ 小野 かおる 

4歳から ☆☆☆☆
小野かおるさんの絵が素敵です。
おざわとしお氏 思い入れのコンパクト絵本。
 
かえってきた風来坊
教育画劇

作・画/ 川端 誠           5歳から   ☆☆☆☆


風来坊が百体の仏像を彫り上げたその場面は、圧巻です。
 
かさじぞう
日本の昔話    福音館書店

再話/ 瀬田 貞二   画/ 赤羽 末吉   4歳から   ☆☆☆☆


赤羽末吉の絵による素朴な昔話の世界。
 
かさどろぼう
スリランカの話    福武書店

作/ シビル・ウェタシンへ    訳/ 猪熊 葉子
 
5歳から   ☆☆☆☆


スリランカのある村の人たちは、まだ 傘というものを知りませんでした。
 
かぜのかみと こども
日本の昔話    福音館書店

再話/ おざわ としお   画/ 佐藤 芙美   4歳から  ☆☆☆☆


佐藤 芙美さんの絵が、素敵。
 
かちかちやま
日本の昔話    福音館書店

再話/ おざわ としお   画/ 赤羽 末吉  4歳から  ☆☆☆☆


昔話研究の第一人者小澤俊夫氏再話の昔話をいっぱい読みましょう。
 
がちょうの たまごの ぼうけん
 
かにむかし
日本の昔話    岩波書店

文/ 木下 順二   画1/ 清水 崑  5歳から   ☆☆☆☆


木下順二の「かにむかし」です。
 
がまどん さるどん
日本の昔話    トモ企画 

文/ 大江 ちさと   画/ 太田 大八   4歳から   ☆☆☆☆


太田大八氏の絵が 素敵。
 
かめと からすと はちの おんがえし
岐阜県の昔話   くもん出版

再話/ おざわ としお  画/ しのはら よしたか
 
4歳から    ☆☆☆☆


動物たちへの親切が、やがて「恩返し」となる話です。
 
かもとりごんべえ
日本の昔話    フレーベル館   

文/ 稲田 和子    絵/ 小林 与志   4歳から  ☆☆☆☆


稲田和子「あとがき」より。
物語の効用のひとつは、「日常性からの逸脱」にあると、私は信じています。幼児が棒切れや人形をもって遊ぶ時につぶやく言葉を聞くと、子どもがどんなにこの逸脱を楽しむか わかります。そのとき子どもは、自分自身を解放しています。
 
かもの むすめ
ウクライナ民話    福音館書店

訳/ 松谷 さやか  画/ オリガ・ヤクトーヴィチ
 
5歳から  ☆☆☆☆

『はちみついろの うま』の画家が描く 美しくも 少し悲しいウクライナの民話。 
 
ガラスめだまと ぎんのつののヤギ
福音館書店  白ロシア民話

訳/ 田中 かな子   画/ スズキコージ  4歳から  ☆☆☆☆


おばあさんの麦畑に入り込んだヤギは、どんなに大きな動物が追い出そうとしても出て行かなかったが、・・・・・・・。
 
カンナカムイの たたかい
アイヌの伝説より    フレーベル館

文/ 堀尾 青史    画/ 太田 大八   5歳から   ☆☆☆☆


堀尾 青史 あとがき
--- この絵本で強調したかったのは、「コタン(部落)の人達がカムイにたのむ前に自分達で怪魚と戦ったこと」「カンナ・カムイの戦法がコタンの人より進んでいたこと」「責任を感じて独力で命を的に必殺戦法をとったこと」「アイヌの人達が食糧を平等に分け合う原始共産制の平和な暮らしをしていたこと」です。
 
ぎざみみぼうや
チャイルド本社     シートン動物記より

文/ 小林 清之介    絵/ 若菜 等    5歳から   ☆☆☆☆


北米に住む野生ウサギである綿尾ウサギの生態を、長い年月かけて観察し、厳しい環境の中で生きる親子の愛情、たくましく成長していく子ウサギの姿を描いています。
 
きつねと うさぎ
ロシアの昔話    福音館書店

訳/ こじま ひろこ    画/ F・ヤールブソワ   4歳から  ☆☆☆☆


狐にぶんどられた兎の家。それをたすけるのは・・・・・ ?
 
きつねの ホイティ
スリランカの話     福音館書店

作/ シビル・ウェタシンへ    訳/ 松岡 享子
 
5歳から   ☆☆☆☆

人間をだまそうとした狐のホイティだが、村の女たちは おおらかで、だまされているふりをして、ホイティをからかう。
 
くまの しっぽ
ベラルーシの昔話     福音館書店

訳/ 内田 莉莎子   画/ 小野 かおる   4歳から  ☆☆☆☆☆


昔、動物達は、誰も しっぽを もっていませんでした。 しっぽを もらいに行くのに遅れた熊は、・・・・・・・。
 
くものアナンシと ねばねばにんぎょう
ガーナの昔話   福武書店

再話・画/ マイケル・ポク    訳/ おいかわ ゆり
 
5歳から   ☆☆☆☆

ガーナの国で、お爺さん達が、「アナンシのような なまけ者や、ずるいやつにならないように」と語りついでいる話です。
 
こうのとりに なった 王様
『世界名作絵本 19 』   TBSブリタニカ

作/ ハウフ   画/ バラルディ    5歳から   ☆☆☆☆


絵がみごとです。完訳の原話をぜひ読んでんで下さい。
 
こころの やさしい さまりあじん
キリスト教の話     至光社

文/ 佐久間 彪     画/ 井口 文秀   5歳から  ☆☆☆☆


ゴッホの絵『善きサマリア人』にも描かれている話です。
 
サムリ まめを とりかえす
 
さるかに
日本の昔話      講談社

再話/ 岩崎 京子   画/ 田木 宗太   4歳から  ☆☆☆☆ 


再話者は、日本全国の「さるかに」を片っぱしから読み、特に面白かった新潟県薄原地方に伝わる話をこの絵本にしています。

田木 宗太氏の絵が 素敵です。 
 
さんねん峠
朝鮮の昔話    岩崎書店

作/ 李 錦玉    画/ 朴 民宣     5歳から   ☆☆☆☆


朝鮮と日本の二つの良き文化的伝統を身につけた作者・画家の手により、日本のムラと同じような村落共同体ならではの明るい大らかなこの昔話絵本が発表されました。
 
3びきの くま
ロシア民話        学研 

絵/ ウスチノフ       4歳から   ☆☆☆☆


『マーシャと くま』の画家ウスチノフの、素敵な絵です。
 
三びきの やぎの がらがらどん
 
しあわせを もってきた シャベル
福音館書店  

作/ 松野 正子   絵/ 太田 大八   5歳から   ☆☆☆☆


イギリスあたりの昔話かな。 太田大八氏の絵が 素晴らしい。
 
しおひきうす
日本の民話     教育画劇

文/ 香山 美子   画/ 太田 大八    4歳から   ☆☆☆☆ 


太田大八氏 1998年発行の絵。
 
したきりすずめ
日本の昔話    福音館書店

再話/ 石井 桃子   画/ 赤羽 末吉  4歳から  ☆☆☆☆

この絵本では、牛洗いどんが、「舌切りすずめのお宿を知りたくば、牛を洗うのを手伝え」と言います。『日本の昔話 2 』では、馬洗いどんが「馬の小便を三杯 飲まねば、教えてやるわけにはいかない」と言います。別の本には、「俺の小便飲まねば教えない」とあります。人がとてもやらないような苦労をしないと目的を達成できないぞというメッセージでしょうか。この絵本の前に、「絵なしの昔話」をぜひ読み聞かせしてあげて下さい。
 
シナの 五にんきょうだい
 
すてきな 三にんぐみ
偕成社

作/ トミー・アンゲラー   訳/ いまえ よしとも
 
5歳から   ☆☆☆☆


おそろしい山賊さまが孤児救済にかけまわるという意表をつくお話です。
 
そばがらじさまと まめじさま
日本の昔話    福音館書店

再話/ 小林 輝子   画/ 赤羽 末吉   4歳から  ☆☆☆☆


赤羽 末吉の絵が 素敵。
 
そらを とぶ こめだわら
新潟県の伝説より     佼成出版社

文/ 峠 兵太   画/ 太田 大八     5歳から   ☆☆☆☆


呪術のすばらしさと仏力のありがたさを感じさせる話です。
 
たいようと つきは なぜ そらにあるの ?
ほるぷ出版

文/ エルフィンストーン・ディレル   画./ ブレア・レント    

5歳から   ☆☆☆☆     アフリカの民話より


ブレア・レントの絵は、単純な色彩と原始的なモチーフで、真のアフリカ的感覚を再現し、読者を話に引き込んでいきます。
 
たわらやくし
『日本の民話 4 』所収     世界文化社

文/ 小沢 重雄    画/ 赤羽 末吉    5歳から   ☆☆☆☆


悪童「はち」の たくましい生き方。道徳的には「問題あり」の感がありますが、敢えてこのような昔話に出会わせることの大事さを「小澤俊夫 昔話への ご招待」(ネット検索、ラジオ録音)から学ばされます。
 
ちいさな りょうし タギカーク
アジア・エスキモーの昔話  福音館書店

文/ 松谷 さやか   画/ 高頭 祥八  5歳から   ☆☆☆☆


たくましく生きるエスキモーの少年の話です。
 
ちからたろう
日本の昔話    講談社

文/ 水谷 章三   画/ 田木 宗太    4歳から   ☆☆☆☆


田木 宗太氏の絵が 良い。
 
ちびくろサンボ
講談社      4歳から    ☆☆☆☆

原作/ バンナーマン  文/ 中山 知子  画/ 太田 大八


太田 大八 画伯 による 『ちびくろサンボ』。
 
天の火を ぬすんだ ウサギ
評論社    4歳から   ☆☆☆☆

作・画/ ジョアンナ・トゥロートン   訳/ 山口 文生     


火が、どのようにしてこの地上にもたらされたか。
 
とうもろこしおばあさん
アメリカ・インディアン民話   福音館書店

再話/ 秋野 和子   画/ 秋野 亥左牟   5歳から  ☆☆☆☆


とうもろこしは、どのようにして アメリカ・インディアンに伝わったか。 
 
とらよりこわい ほしがき
韓国・朝鮮の民話    大平出版社

文/ 小沢 清子    画/ 太田 大八   4歳から   ☆☆☆☆


太田大八氏の言葉
「韓国・朝鮮の話は、明るくユーモラスなものが多い。韓国・朝鮮には、いま日本が失いつつある昔からの仁・義・礼といった美徳がたくさん残っている。」
 
とんでもない おきゃくさま
グリムの昔話   西村書店

訳/ ささき たづこ   画/ バーナデット  5歳から  ☆☆☆☆


グリムの昔話は、面白い話がいっぱい。
 
ナージャと りゅうおう
中国の小説「封神演義」より   講談社

文/ 唐 亜明   画/ 干 大武     4歳から   ☆☆☆☆


ナージャは、『西遊記』の主人公 孫悟空と並んで、中国の子ども達のヒーローとして、広く人々の間に語り継がれ、深く愛されています。
 
ナムチンカラ トラヤーヤー
ねこと おしょうさま  日本の昔話  小学館

文/ 松谷 みよ子   画/ 諸橋 精光   5歳から   ☆☆☆☆


諸橋精光氏の絵が、すごい。
 
ならなしとり
日本の昔話    チャイルド本社

文/ 大石 真    画/ 田木 宗太   4歳から   ☆☆☆☆


田木 宗太氏の絵が 素敵。
 
におうと どっこい
日本の昔話     チャイルド本社

文/ 舟崎 克彦   絵/ 田木 宗太   4歳から   ☆☆☆☆


『日本の昔話 2 』(福音館書店) の 「仁王と賀王」も、読み聞かせして下さい。

益田市立図書館にあります。
 
ねこと おんどり
ロシアの昔話    福音館書店

文/ 内田 莉莎子   画/ 小野 かおる  4歳から  ☆☆☆☆☆


小野 かおるさんの絵が、とても美しく素敵です。
 
ねずみの よめいり
日本の昔話     すずき出版

絵/ 小林 与志       4歳から   ☆☆☆☆


小林与志氏の絵による絵本は、素晴らしい作品が多い。
 
ねむりむし じらぁ
沖縄民話    福音館書店

再話/ 川平 朝申   画/ 儀間 比呂志   5歳から  ☆☆☆☆


沖縄版の「三年寝太郎」です。 小澤俊夫 昔話へのご招待 の第 6話「三年寝たろう」をぜひ聴いてみて下さい。
 
はじめての かり
 
はちみついろの うま
民話風創作    福音館書店

作/ 小風 さち   画/ オリガ・ヤクトーヴィチ
 
5歳から  ☆☆☆☆

『かものむすめ』等を描いているウクライナの画家オリガさんの筆が産み出す美しい世界を、もっと見てみたい一心で、作者 小風さちさんは、このお話を創作したということです。
 
はなさかじいさん
日本の昔話     チャイルド本社

文/ 鶴見 正夫    画/ 田木 宗太   4歳から   ☆☆☆☆


「五大おとぎばなし」のひとつとされています。 
 
半日村
創作     岩崎書店

作/ 斎藤 隆介   画/ 滝平 二郎   5歳から   ☆☆☆☆


斎藤 隆介 滝平 二郎 コンビによる傑作絵本。
 
ひつじかいと うさぎ
 
火と 山と 川の おふだ
日本の昔話     トモ企画

文/ 大江 ちさと   画/ 太田 大八   4歳から   ☆☆☆☆


「三枚のおふだ」の話ですが、最後に 鬼婆が骸骨になってしまいます。 
 
100リラの シトロン
トルコの昔話     フレーベル館

文/ 八百板 洋子   画/ 太田 大八  5歳から   ☆☆☆☆


八百板 洋子 あとがき
「もしも、本当に 好きな人の見える鏡や、空飛ぶじゅうたん、命のよみがえるシトロンがあったら、あなたは何をするのでしょう。 想像の翼の大きさと、エキゾチックな香りに ドキドキしながら、この絵本を書きました」
 
びんぼうこびと
ウクライナ民話     福音館書店

再話/ 内田 莉莎子   画/ 太田 大八   4歳から   ☆☆☆☆


他人の不幸を願ったお金持ちが、貧乏になる話です。
 
風来坊
BL出版

作・画/ 川端 誠      5歳から   ☆☆☆☆


木彫りにかけては天下一品。人呼んで「木彫りの風来坊」とは、このお坊さんのこと。
 
ふくろにいれられた おとこのこ
フランス民話     福音館書店

再話/ 山口 智子   絵/ 堀内 誠一   4歳から   ☆☆☆☆


紙芝居『ブッケちゃんと おに』と 同じモチーフで、どちらも子ども達に大人気です。
木登りしているとき、しばしば この劇あそびに発展していきます。
 
ふしぎなつぼ まほうのこんぼう
ウズベグ民話    岩崎書店

再話/ サグドゥラ    画/ ラフマトゥラエフ
 
5歳から   ☆☆☆☆

コウノトリを助けて福に恵まれた爺さんと、その福を奪おうとした者達の戦い。
 
ふたりの イワン
ロシアの昔話     偕成社

再話/ I・カルナウーホワ   画/ 遠山 繁年
 
5歳から   ☆☆☆☆

欲張りイワンが負けて、貧乏イワンが幸せになる話しです。
 
プンク マインチャ
ネパール民話    福音館書店

再話/ 大塚 勇三   画/ 秋野 亥左牟   6歳から   ☆☆☆☆
 
へらない 稲たば
 
マウイ たいようを つかまえる
マオリ族の昔話    MOE出版

作/ ピーター・ゴセージ  訳/ 浜島 代志子
 
4歳から   ☆☆☆☆

太陽が今のように ゆっくり動くようになったわけを マオリ族の昔話は、教えてくれています。

 

 
まじょのひ
パプアニューギニアの昔話    福音館書店

再話/ 大塚 勇三   画/ 渡辺 章人   4歳から   ☆☆☆☆


火が人間にどのようにして使われるようになったかの話。
 
まほうの たいこ
シベリアの昔話    福音館書店

文/ 内田 莉莎子  画/ シェイマ・ソイダン
 
5歳から  ☆☆☆☆

シベリアに伝わる 素敵な 不思議な昔話です。
 
みるなの くら
日本の昔話     福音館書店

再話/ おざわ としお   画/ 赤羽 末吉  4歳から  ☆☆☆☆


あねさまに 「けっして見ないで下さいね」と言われた 12番目の蔵の前に立った若者は、・・・・・。
 
ももたろう
日本の昔話     福音館書店

文/ 松居 直    画/ 赤羽 末吉   4歳から    ☆☆☆☆

数ある『ももたろう』絵本の中、これが ベストです。

「侵略思想を子どもに植えつけることになるので、『ももたろう』の読み聞かせには反対」という意見を言う人がありますが、「幼児の発達過程」を大事に考えれば、「相手の立場を考えるようになる」ことの前に、『ももたろう』世界をくぐっていくことは、とても大事だと考えられます。
 
山いっぱいの きんか
中国の昔話    童話館出版

文/ 君島 久子    画/ 太田 大八    5歳から  ☆☆☆☆


せっかく金貨を三枚得たのに、欲張ったため全部失ったという話です。
 
ゆきおんな
日本の昔話    チャイルド本社
 
ユニコーン伝説
偕成社     6歳から   ☆☆☆☆

作/ プロイスラー   画/ スピーリン    訳/ 高橋 洋子


不思議な名画の世界です。
 
ユニコーンと 海
西村書店    5歳から    ☆☆☆☆

文・絵/ フィオナ・ムーディー    訳/ 高木 あきこ


テレビを全くみない幼児期に、こんな絵本に出会ってほしい。
 
りゅうに なりそこねた ハブ
沖縄民話    福音館書店

文・絵/ 儀間 比呂志       5歳から    ☆☆☆☆


龍のおかげで金持ちになれたのに、カナーは龍との約束を破ったから、・・・・・。
 
わかがえりの みず
日本の昔話     チャイルド本社

文/ こわせ たまみ   画/ 石倉 欣二   4歳から  ☆☆☆☆


若返りの水を飲みすぎたおばあさんは、・・・・・・・・。
 
われた たまご
福音館書店    4歳から   ☆☆☆☆       

再話・画 / 小野かおる    フィリピン民話


みふうずらの卵が割れたのは誰のせいかと追求していくと、・・・・。
qrcode.png
http://kawanobori.jp/
モバイルサイトにアクセス!
021009
<<社会福祉法人 川登福祉会 川登保育園>> 〒698-2145 島根県益田市川登町107 TEL:0856-28-1067 FAX:0856-28-1087